2011年06月06日

IPv6 day

6/8がIPv6 dayだそうで、主だったネットワークに関る企業・団体が参加するらしい。以前ネットワーク機器の営業をしていた際に多少関ったのでちょっと思い出してみた。もう10年ほど昔の話だ。
当時はKAME projectが活動していた頃で、展示会とかでは「亀が泳いでますねぇ」なんて言葉が挨拶代わりに使われていた。IPv6に対応する技術はあってもまだ一般的には必要性が感じられていないマニアックなカテゴリだった。
ただ、その頃からv4の枯渇の可能性が指摘されていたことへの唯一の対策になるだろうということと、v4の標準では対応していないセキュアな点からの技術開発だったように記憶している。
KAME p/jは既に活動完了しているので、亀を知らない世代も少なくないんだろうな。

その頃からv6に移行していれば、v6 dayなんていうイベントも行わずに済んだのだろうが、中途半端にv6閉域網構築とかの障害をチェックする必要が出てきてしまったのだろう。主だったアプリケーションやOSは大体対応しているみたいだけど。
v4は既に全部配布済みとのことから、近い将来にはv6に全面移行する必要が出てくるだろう。恐らくは、今は懐かしい2000年問題並みかそれ以上の騒ぎと便乗ビジネスが出るものと想像する。

あちこちの記事等を見ていてわかったことは以下。
・IPv6で組んだLANからのIPv4接続サービスへの接続に障害が出る可能性がある
・IPv6対応している端末はv6を優先する仕様になっていることからのネットワーク経路選択に支障のある可能性がある
・v6非対応の端末の場合、ssl接続に障害が発生する可能性がある
・v6を想定していない設計の駄目なアプリケーションが露呈する

NGNなんかのv6で構築した閉域網は、なんか起きるみたいですね。
androidも2.1以下は標準ブラウザは非対応なので、sslできないとかあるようです。これはキャリア側の網でがんばって対応させるようで、wifi通信じゃなくて通常回線使えば回避できるというアナウンスが出ていますね。
それでも今回のトライアルで影響が出るのは0.05%程度の予想だとか。全部置き換えるとなると今回想定していない問題が出てくるのでしょうが、無事にトライアルが終了しますように。

(参考)World IPv6 Day
http://www.attn.jp/worldipv6day/
posted by yota at 10:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: