2011年05月31日

今更だけど

micro SDにデータ保存ができ、android2.2からは一部のアプリケーションも保存できるようになったわけですが、これが意外とクセモノ。
起動時に動かしておきたいアプリケーションは本体側に入れておかないと、本体起動と同時には起動してくれないという悩ましい事象が起きます。microSDのclassにもよるんだろうけど、容量の大きなカードはclass4がせいぜい。データの読み込みや反応速度はそれなりに落ちます。
simeji本体もmicroSDに移せるんですけど、本体起動時に起動していないことが多く、気がついたら標準入力ソフトになっているなんてこともあります。
ウィジェットも、本体側にアプリケーションがないと、表示されないですね。
これは仕様なのかmicroSDのclassによるものかIS03の独自機能かわかりませんが、本体の容量が大きなほうが不都合がでにくくなるんだろうという一つの目安になるのかな。
メーカーはお互いに自分たちの不具合の可能性を明確にするはずもないので、どうしたって消費者側の判断になるんでしょうね。
auがなんらかの見解を出す可能性は無きにしも非ずですが、仕様承認はauだから、不具合をauサービスショップに持ち込んでいくしかないんでしょうかねぇ。
posted by yota at 07:12| Comment(0) | android
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: